FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.02.25 (Sun)

2/11 再び救急へ

2月11日(日)

腰痛でなかなか寝付けなかったけど、いつの間にか眠りについてた。
でも、また明け方に腰が痛くて目が覚める。

しばらくして旦那ちゃんが目覚めたので、昨夜から腰がちょっと痛んでることを話した。
「大丈夫?病院行く?」彼は今日も仕事だし、昨日は急に早退させちゃったから、仕事へ行かせねば。
「大丈夫だよ。」「本当に?何かあったら絶対直ぐに電話してよ。」

旦那が仕事へ行ってから、やっと起き上がりトイレに行った。

出血止まってるかな?と少し期待してみたけど、量が増えてる!!
昨日の鮮血とは違って、まさに生理2日目って感じ。
黒みがかったドロっとした血。
やっぱり流産なのかと思ったけど、流産だと「何かが出る」って感じがあるとか血の固まりが出てくるって聞いたことがある。
「うん、流産じゃない!」と自分に言い聞かせる。
血が出たせいか、腰の痛みがおさまった。

出勤して間もない旦那から電話があった。
「どう?大丈夫?」
「さっきトイレに行ったら、まだ出血してた。ちょっと量が多くなったかも。」
「病院行く?今から帰ろうか?」
「いいよ、大丈夫。腰の痛みもおさまったし、明日産婦人科で診てもらえるから。」
「じゃあまた電話するから、安静にしててよ。何かあったら電話してよ!」

しばらく横になって、またトイレに行った。

「う~ん、やっぱりこれって、ちょっと量が多いかも。でも多量とは言えないような・・・。」一人でしばらく考えてた。
また腰が痛くなってきた。下腹の痛みも多少あったけど、腰の痛みの方が気になる。

心配になってきた。やっぱり明日まで待てないと思い、旦那に電話。
「ごめん、やっぱり量が多いと思うし、腰の痛みも気になるから病院行きたい。」
仕事中に悪いなと思ったけど、旦那はすぐ帰ってきてくれた。

またER(救急室)へ戻ってきた。
昨日私を見た受付の人や看護師さんたちは、「あら?あの子、昨日の・・・」という表情だった。(変な目で見てたわけじゃない)

昨日とは違う若い男の先生と看護師さんが診てくれた。
また尿検査。気を付けたつもりだったけど、血がドロっと混じってしまった。
一瞬、この出血は尿からなのかと思った。

先生が診察しながら「出血してますねー」と言ったので、やっぱり膣からだ。
「超音波で見てみましょう。」
よかった。これで昨日と同じ診察で帰されたら、来た意味がない。

診察室でしばらく待たされ、看護師さんが超音波の器械を運んできた。
さっきの先生は出張(?)で来てるから、ここの超音波をする許可が無いとかで、別の先生と戻ってきた。

いよいよ超音波!
お腹にジェル塗って見るものだと思ってたけど、下(膣)から見るとの事。
さっき診てもらったばかりなのに、また膣ですかい?

ドキドキ。赤ちゃん確認できるかな~?
私からは画面見えなかったけど、旦那ちゃんには見えてた。

しばらく2人の先生があれこれ言いながら見てた。
「胎嚢(タイノウ)らしい袋が見えますね。血の固まりかもしれませんが・・・。」
やった!胎嚢があるって!?

「右の卵巣辺りに何か見えましたが、組織細胞の何かだろうと思います。ここの超音波は古いからハッキリした物が見えないんです。明日、産婦人科でもっと詳しいことが分かると思います。」

写真見せながら説明してくれたけど、はっきりしてなくて何がなんだか分からん。先生が言ってた胎嚢らしいものは確認できた。
赤ちゃんが確認できるような感じじゃなかった。残念!
明日の超音波に期待するしかない。

結局何の解決にもならなかったけど、超音波で診てもらったし、診察はここまで。

「下腹や腰が痛むので、妊婦でも飲める薬ありますか?」と聞いてみた。
Tylenol(タイレノール)ならOKとの事で、薬もらって帰った。
今できることは、とりあえずコレで痛みを和らげて、安静にするしかない。

つづく
スポンサーサイト
15:26 |  子宮外妊娠  | コメント(0) | Top↑

コメント

コメント投稿
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。