FC2ブログ

04月≪ 2019年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.09.08 (Mon)

退院

退院するには、トイレ に行かないとダメと言われた。
ちゃんとオシッコできるか確認してからじゃないとダメなんだって。

ジュースたくさん飲んでたし、もうそろそろトイレ行きたいかも?

旦那ちゃんとナースおばちゃんに両側から支えてもらって、そ~っと立ち上がり、そ~っと歩いた。
おばちゃんが、「最初はオシッコする時、痛いかも。血も混じったのが出ると思うけど、心配しなくていいから!」

トイレの中まで旦那ちゃんに付添ってもらい、無事お仕事完了!

けっこう鮮血が混じってたので、一応おばちゃんを呼んで見てもらった。
「だいじょうぶ、大丈夫!ちゃんとできたね!よくできました!


同じ病室に先に居た患者さんも、後に来た患者さんもサッサと退院していった。
私は今日の手術担当ドクター待ちだった。

ドクター待ってる間に、処方箋が出てたので、旦那ちゃんは下の薬局へ取りに行くよう、おばちゃんに命じられてた。
出してもらった薬は2つ。
 
IBUPROFEN イブプロフェン
OXYCODONE オキシコドン 



やっと私の執刀医が来た。

実は、この時まで私は、執刀医が誰か分かってなかった。
先日手術について話をしたDr. Rが執刀医ではないなと分かってたけど、手術前に助手のナースさん達と一緒に来てた中の、あの若い女性が執刀医だったとは・・・。

確かに旦那ちゃんがその女性と話してたけど、「これこれこう担当ドクターに伝えて下さい」という話をしてると思ってた。‚ ‚¹‚ ‚¹

執刀医Dr. M からも手術についての説明があった。

壁にたくさん小さな茶色の点(子宮内膜症)があり、全部焼いて取除いた。
子宮内膜腫は一つで、それも取除いた。

卵管は、右は問題なく通ったが、左が通りにくかったので、処置してちゃんと通るようになった。

えーっ 今まで右が詰まってて、左は通ってると思ってたのに
数少ない卵胞が育ってたのが左で、その肝心な左側の通りが悪かったの?

そりゃ~、妊娠はキビシイ状態だったわけだよ。確率も相当低かったろうね。

「子宮内膜症が妊娠を妨害してた可能性もありますし、
 妊娠できる確率が上がるかもしれません。」


うれしいお言葉!


お願いしてたドクター・ノート(簡易診断書?)も貰った。

もともと私は月曜日に仕事復帰する予定だったけど、もしも休まなくちゃいけなくなった場合の為にドクター・ノートもらった。

ドクター・ノートには、『患者は2週間以内には仕事に戻れるでしょう。』と書いてあった。
(2週間くらいは休養しろってこと?ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹


旦那ちゃんは車を表に回してくれ、私はそこまでナースさんに車椅子で連れて行ってもらった。

午後3時半頃、無事退院!



家に帰ってからはベッドでおとなしく横になってました。

トイレに2・3回行ったけど、病院のトイレでは感じなかった痛みが!ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
オシッコすると、尿口(?)に燃えるような痛み!
これが一番痛かった。namida

夜になっても、自分の両肘下・膝下が痺れてて、むくみもかなりあった。
(麻酔が完全に抜けてなかったのかな

「ずっとこのまま、後遺症みたく残ったらどうしよう・・・」 と、かなり心配でした。
スポンサーサイト
16:30 |  ラパロ(卵巣嚢腫)  | コメント(0) | Top↑

コメント

コメント投稿
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。