06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.09.01 (Mon)

腹腔鏡手術

金曜日に無事にラパロ終わりましたー!
見守って下さった方々、ありがとうございました!

ちょっと無謀かしら?と思いつつも、今日から既に仕事復帰しました。
周りから見ると、かなりぎこちない姿勢・動きだったみたいです(^^ゞ

忘れない内に、ラパロの報告します。kao03



手術前日 8/28(木)
ブログ書いた後も、下剤がガンガン効いて何度もトイレに駆け込みましたよ。ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
しまいには、肛モン様がイタタタタでした。ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
晩御飯は旦那ちゃんが(夜勤)仕事行く前に作ってくれてたスープを飲み、夜11:30最後にお水を少し飲んで就寝。

手術当日 8/29(金)
朝6時半頃に起床。
トイレに行くと、まだお腹が下ってる。まだ出るモンがあったんだね。jumee™whyR

シャワーしてから来るように言われてたので、シャワー・タイム。
ゆったりした服に着替え、歯磨きして、準備完了!

家を出る時、
「ここに帰って来る時は、もう手術終わってるんだよな~。早く帰って来たいよー!sc04
ちょっと不安な私だったのでした。ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

病院に到着。
受付を済ませ、血圧・脈・体温のチェック。
患者服一式をもらい、更衣室で着替える。

ナースさんに「こちらです。」と案内され、旦那ちゃんと私はいくつかのドアを通り抜け、手術棟らしきとこへ。

ストレッチャー(ベッド)が何台も置いてある部屋へ案内され、
「こちらのベッドにどうぞ。」 と言われた日にゃ~、ビビリましたわŠ¾‚Æ‚©

一度ベッドに座ったものの、緊張して「す、すいません。ト、トイレ・・・。」

出るモノはほとんど無かったが、少し気が落着いた。


ペラペラの患者服だとちょっと寒かったが、ナースさんが温めたシーツを掛けてくれた。


しばらくして、体格のいい、ハーレーとかのバイクが似合いそうな兄ちゃんが来た。
麻酔担当の人らしく、簡単に今日使う麻酔の説明をしてくれた。

この前も聞いた通り、General Anesthesia全身麻酔]。
眠ってる間に手術が終わりますからね~って言われても、途中で起きちゃったらどうすんだい?
ホントに大丈夫なのか??と心配な私でした。jumee™sweat2Rb

手術中は酸素マスクか何かをして、呼吸するのを助けるが、手術が終わったら直ぐ外して、自分の力で呼吸するようにする ・・・ との事。


ストレッチャーに吊り下げられてた I V[点滴]の取り付け開始。

兄ちゃんは私の右隣にいたので、右腕に場所を探してた。
点滴と採血って違うから右腕からでも大丈夫かな?と思ったが、やはり私の右腕は無理。
失敗でした。sc03

「すみません」と言って兄ちゃんは左側へ移動。

兄ちゃんが点滴を取り付けてる時に、今日の手術担当医と助手のナースさん達がやってきた。

旦那ちゃんが担当医に、Dr. H に言われたCyst のことを話してくれてました。
ナースさんが「がんばろうね!Î‚¢B」と、メチャメチャ明るく元気いっぱいで声を掛けてくれた。

OB/GYN[産婦人科]の手術室はね、Music‚¿‚ȁôを流してるの!
ちょっと賑やかだなって思うかもしれないけど、びっくりしないでね!ƒjƒR¯ô

「手術室に入ったら、両足にね、マッサージ器でマッサージするからね!
気持いいわよ~!ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹ 血行が良くなるから、麻酔の効きも良くなるの!」

すごく楽しそうに言うから、どんな手術室なんだと興味津々になってきた。ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

「じゃあ、またすぐ後で会いましょー!ƒO[I」 と去って行った。


そうこうしてる間に、一台、また一台と患者を乗せたストレッチャーが出発していた・・・。


おぉ~、何だか緊張するぜい!Š¾G


兄ちゃんが戻ってきて、
「車酔いする方ですか?麻酔切れた後、ちょっと気持ち悪くなったりする人もいるんです。」とか話してた。
これが出発のサインだったようだ。

旦那ちゃんが 「えっ、もう行くんですか!?」 あわててガンバレKiss してくれた。ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹

すぐにストレッチャーが動き出し、旦那ちゃんに「バイバ~イ!」と手をふった。



つづく(笑)

病み上がり出勤で疲れたので、明日に備えてリラックスします~!
この話、何だか長くなるかも 
スポンサーサイト
18:06 |  ラパロ(卵巣嚢腫)  | コメント(3) | Top↑

コメント

●お疲れさまでしたー!!
なこさん
もうお仕事に復帰されていのですねー 働く女の強さを感じます。
私なんてもう2年仕事してないものですから、、、まったくもって仕事してたころの自分を忘れてしまいましたよ(汗
手術室にいくまでの課程、私もいっしょな感じでした。 なんかケアしてくれてるーって感じで、運ばれる直前まで主人は隣にいるし。。
手術前に足のマッサージなんてあるんですねー!それはすばらしいーリラックスのため?なんですかねー
なんだか大変な手術だったでしょうに読んでるわたしは、なんかの物語でも読んでるかのように続きが読みたくなってしまいました
なこさん 文才あるかもです。
あ くれぐれも無理なさらずに過ごしてくださいね。
まぐぃー |  2008.09.02(火) 10:05 | URL | 【編集】
あっ。。。
マッサージ麻酔の効きを良くするためってナースちゃんが言ってますね。 ちゃんと読めって感じですよね すみせん。
まぐぃー |  2008.09.02(火) 10:08 | URL | 【編集】
●まぐぃーさん
休めるものならホントもっと休みたかったですー。
働く女ってほどのことじゃないです(^^ゞ 所詮パートですからね!
まぐぃーさんも手術されたんでしたね。どういう手術であれ、体には負担がかかるわけで、大変なことですよね。それをすごく実感してます。
血行良くして麻酔の効きを良くする・・・と言いながら、ナースさんの口調はリラクゼーションですよ~って感じでした。
足のマッサージは術中にしてたんだと思うのですが、全く記憶がありません!
物語読んでるみたいと言ってもらえて、うれしいです(*^_^*)
ラパロ物語、まだつづきま~す!(笑)
なこ |  2008.09.02(火) 23:34 | URL | 【編集】
コメント投稿
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。