FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.04.27 (Fri)

子宮卵管造影

今日、子宮卵管造影をやってきました。
こっちではHysterosalpingogramと言うらしいが、長くて言えない!
略してHSGとも言うらしく、これで通じるのでホッとする。 


卵管造影はRadiology放射線科で行われます。

「痛いんかなぁ~」と不安いっぱいで待合室にいました。

しばらく待って、私ともう1人の女性が同時に呼ばれた。
私の方が先で、診察着?に着替えるよう言われた。

診察着をなぜか3枚渡されて、「前開き側が後ろになるように着て下さい」と言われたんだけど、3枚あるので困惑してたら、看護師のおばちゃんが、

「ハニー、お願いだから早くして!言うこと聞いて下さい!」とか言われて、、、

そんなに言わなくてもいいじゃん! 

こっちは不安でいっぱいなんだぞ!

おばちゃんが戻ってきたら、一言物申してやる!


そしたら、おばちゃんが
「今日は私一人で大変なのよ~。こんな日に限って忙しくて、イライラしちゃうの。ゴメンね~。」

拍子抜けしたけど、そう言ってくれて気分よくなった!

放射線科の先生が入ってきて、検査内容の説明をしてくれた。
余談ですが、白人のカッチョいい先生だった(*^_^*)

カーテルを挿入して・・・(略)」 詳しくはコチラ→子宮卵管造影法とは?
途中で生理痛のような痛みがあると思うけど、ガンバッテ!


いよいよ造影開始。
すぐ横にモニターがあって、X線画像が映し出されてた。

先生が「ちょっと痛くなりますよ。
と言った次の瞬間、まさに生理痛のようなちょっと違うような痛みが!!!

イタっ!痛たたた!!いって―――っ!!!ƒKƒr[ƒ“

何度か叫んだわよっ!‚ ‚¹‚ ‚¹ 
隣でおばちゃんが、「がんばって!」と手をさすってくれてた。
ありがとー!


検査が終わって、すぐにモニターで撮影したX線画像を見せてくれた。
(参考:卵管造影像→コチラ

「これが子宮。正常です。」
「こっちが左の卵管。液が通ってるのが分かるので、問題なく正常です。」

「右の卵管ですが・・・、」


画像見て、もう自分でも分かった。 

「液が通ってませんね。」

「私の子宮外妊娠、右だったんです。」

「そっか、右だったんだね。その時に傷がついたのかもしれないね。詳しい事は不妊治療科の先生が話してくれるからね。」


ショックだったけど、右の卵管に何だかの問題がある事実が分かってよかった。
今後の対応の仕方がハッキリするしね!

不妊治療科の先生に会うのは来週5/3です。
スポンサーサイト
16:14 |  子宮外妊娠  | コメント(0) | Top↑

コメント

コメント投稿
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。