FC2ブログ

07月≪ 2008年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008.08.23 (Sat)

セカンド・オピニオン

気付けば週末じゃないですか~!
今週のことをまとめておきます。

8/18(月)
知合いのファミリー・ドクター T先生に紹介してもらったDr. H に会ってきました。
(イケメンとの噂を聞いてましたが、本当にイケメン・ドクターでした。)

「6月頃からCyst があって、治療を受けられない状態です。今月29日にラパロする予定で・・・。」
と、私の状況を話してたんだけど、ある程度話したところでDr. H が、

「なるほど。ラパロは今の病院でされるのですね?で、私はどう力になってあげればいいのでしょうか?」

そう聞かれて、私は何の目的で来たのか一瞬分からなくなった。

元々は、Cystを取除くのにラパロっていうのは妥当なのかT先生に聞きに行ったわけだが、
Infertility専門のDr. H を紹介してくれたのだ。

Dr. H に直ぐ会うことができればよかったのだが、8/18のアポまで1ヵ月待ち。

今月初めに生理になり、Cyst はまだ健在。
もうこれ以上治療できない状態が続くのはイヤ!ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹ 
早くCystの問題を解決したくて、ラパロすることに決めたわけさ。

「今聞いた様子だとCyst もそう大きくなさそうだし、取除かなくても大丈夫なものかもしれない。ラパロで卵巣に負担をかけるのはいいことではないしね。でも実際に私はそのCyst を見てないのでハッキリしたことは言えないけど、セカンド・オピニオンとして近い内にCyst 見ましょうか? 」 と言って下さった。

29日のラパロをキャンセルした方がいいのか聞いてみたが、Cyst を見るまでは何とも言えないのでキャンセルしない方がいいって。

ラパロしなくてもいいのか!? しない方がいいのか!?!?

何だかもう訳が分からなくなり、どっと疲れが・・・。
すっごいストレスになったのだった。


8/21(木)
順番が逆になってしまったが、旦那ちゃんが今のクリニックから取寄せてくれた
私のMedical Record[カルテ]をDr. H のクリニック受付へ持って行った。

すごい枚数ですっごい分厚かった。

持って行く前に一つ一つ見てみたが、昔のことを思い出さされて余計気が重くなった。sc04


8/22(金)
ちょうど空きがあり、この日10:30の予約が取れた。

子宮、キレイで問題ない。
右卵巣、何も見えない。
左卵巣、ひそかにCystが小さくなってることを願ったが、小さくなった様子もなく健在。

今まで私が見てたのはそれだったのだが、Dr. H はその横の曇った見えにくい2つの物を指しながら、

「これはDermoid cyst[皮様嚢腫]だろうね。そして、もしかするとEndometrioma[子宮内膜腫]かもしれない。ラパロするのが妥当だと思う。手術の時にもっと詳しく分かるはずだよ。また術後の様子聞かせてね。」

参考:卵巣嚢腫の種類ついてはコチラ 卵巣嚢胞(嚢腫)Ovarian cysts


今のクリニックのDr. R からはDermoid Cyst って言葉は聞いた覚えがないぞ??
ってか、その存在に気付いてないのでは!?sc06


あちゃ~!orz


もうちょっと早くにDr. H に診てもらえてれば、間違いなくDr. H にラパロお願いしただろうよ。

Dr. H は前回、
「誰が手術するの? Dr. L が立ち会うんだ? Dr. L は腕のいいドクターだから大丈夫!
と言ってた。
同じ分野で働いてるから知ってるのだろうね。

Dr. L は立ち会ってくれるみたいだが、執刀医はDr. Rってことだろうな。ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹


何だかもう色いろ考え始めるとストレスになるわ~~~。ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹



まぁ、どうこう言ったとこで今のクリニックでラパロするのだから、この事をしっかり伝えてラパロしてもらわねば!

ラパロまであと 日です。
スポンサーサイト



21:21 |  不妊治療  | コメント(2) | Top↑
 | HOME |